疲れ目対策に摂りたい栄養素と食べ物

パソコンやスマホの見過ぎなどの環境による目の疲れ、睡眠不足やストレスによる眼疲労により、疲れ目の症状が出てしまうことがあります。

これにより、目が霞む、充血する、ドライアイになるなどの症状に悩まされ、四六時中目薬が手放せないという人も多いのではないでしょうか?

実際に環境や日々の生活スタイルも原因ですが、もう一つ重要な原因として栄養不足があったんです。

では、どんな栄養素や食べ物が疲れ目対策に働いてくれるのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビタミンB1

疲れ目対策に摂りたい栄養素と食べ物

この栄養素が多く含まれる食べ物は、豚肉や豆類、牛乳などです。

ビタミンB1は、肉体疲労の回復に効果をもたらし、目の神経の疲れを取る効果があります。

ただし、ビタミンB1はアルコールにより激減させてしまうので、ビタミンB1を積極的に取り入れたい時はアルコールを控えるようにしましょう。

ビタミンA

この栄養素が多く含まれる食べ物は、鶏肉のレバーや豚肉のレバー、アンコウの肝、うなぎ、ホタルイカ、人参、肉類です。

ビタミンAは、目の網膜にあり、光を感知するためのエネルギーとして必要になる栄養素です。

ビタミンB2

この栄養素が多く含まれる食べ物は、鶏肉のレバーや豚肉のレバー、うなぎ、ウニ、イクラ、納豆です。

ビタミンAと並び、肉や魚介類に多く含まれています。ビタミンB2は、目の粘膜生成に必要な栄養素です。

ビタミンC

疲れ目対策に摂りたい栄養素と食べ物

この栄養素が多く含まれる食べ物は、アセロラ、柚、キウイ、パセリ、キャベツ、ピーマンなどです。

目の角膜と水晶体の間に分泌されている房水は、血液とほぼ同じ組成です。目の充血や白内障の原因は、ビタミンC不足とも言われています。

ビタミンE

この栄養素が多く含まれる食べ物は、アンコウの肝、イワシ、明太子、イクラ、鰻、モロヘイヤです。

ビタミンEは、目の血行促進に効果があります。血行が良くなることにより、疲労が溜まりにくくなったり、疲労物質も取ることができます。

アントシアニン

目の疲労、目元のエイジングケアにブルーベリー

サプリメントでお馴染みのアントシアニンは多くの人が聞いたことがあると思います。

この栄養素が多く含まれる食べ物は、ブルーベリーです。ブルーベリーとは、クランベリーやビルベリーなどのベリー類の総称を言います。

アントシアニンは、ビタミンAと同じく光を感知するためのエネルギーとして必要な栄養素です。

毎日の食事に意識して取り入れてみて

目元の小ジワを消すのに効果的な食べ物とは?

疲れ目の原因となる環境や生活スタイルは、なかなか簡単に変えることはできませんが、もう一つの原因となる栄養不足は少しの工夫で改善することができます。

この少しの工夫により、日々悩まされている疲れ目に立ち向かうことができるんです。

疲れ目が酷くて体まで不調を起こした経験ってありませんか? 事実、疲れ目を放っておくと全身に疲れが現れてしまいます。そして、全身の疲れがさらに目の疲れを悪化させてしまうのです。

そうならないためにも、まずは日頃の食生活から見直してみましょう。ここで紹介した栄養素が含まれる食べ物で、手軽に手に入るものもたくさんありましたよね。

最近そう言えば食べていないなぁと思い当たる食べ物があれば、実はあなたの疲れ目の原因になっているかもしれません。積極的に必要な栄養素を取り入れてみてください。

目元アンチエイジングは疲れ目対策から!おすすめサプリメントランキング比較

スポンサーリンク
スポンサーリンク