目元のくすみを消す方法!原因を理解して正しい予防と改善の方法を!

「なんだか目の周りだけ肌色が冴えない」「メイクをしても疲れて見える」なんていうことはありませんか? 

20代まではそれほど気にならなかったのに、加齢とともに気になるようになりメイクにも時間がかかる・・・というのは多くの人が経験することかもしれません。目元メイクがキレイに発色しないのも悲しいですよね。このように、いつの間にか気になる目の周りのくすみ。

今回は、その原因と対策について考えてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目元のくすみの原因

グラシューのアイクリーム

目元の皮膚は、頬などの皮膚の厚さの三分の一程度しかなく非常に薄くてデリケート。皮脂腺がないため、潤いを保つ力も弱い部分です。それだけに顔の他の部分に比べると影響を受けやすく、くすみの原因も様々です。大きく分けると目元のくすみの原因は三つに分けられます。

1.目のまわりの血行不良(青黒いくすみ)

目の周囲の血行が悪くなり血流が滞ることが原因で起こるくすみです。血行が滞るとヘモグロビンの量が減少し顔全体が青黒くくすみがちになります。目の周囲の皮膚は非常に薄く、その状態が透けて見えるためくすみが目立つようになります。比較的色白の人は目立ちやすいタイプです。

【原因】
睡眠不足・疲労・ストレス・二日酔い・目の疲労・体の冷え

2. 目のまわりの色素沈着(茶色っぽいくすみ)

目の下だけでなく上まぶたにもできやすいくすみです。目の周りの皮膚は薄くデリケートなため、少しの刺激にも敏感に反応してしまいメラニン色素を生成しやすいものです。そのため小さなシミができやすく、さらにはメラニンの増加によって色素沈着しやすいのです。目元のデリケートな皮膚に負担がかかるような行為がくすみの原因となります。

【原因】

  • 目のかゆみ・眠気などで目を強くこすること
  • アイメイクの時、またはアイメイクを落とす時にこするような負担がかかること
  • 紫外線による刺激を受けること

3. 加齢による目の下のたるみ(黒っぽいくすみ)

年齢を重ねることによって、目の下の脂肪を支えている筋肉が緩み、ハリが失われて目の下がたるむことによってできるくすみです。たるみの下のくぼみに影ができ黒っぽく見えるのが特徴で、顔がむくむと一層目立ちやすくなります。

【原因】

  • 加齢による皮膚のたるみ

その他の原因

乾燥も目元のくすみの原因になります。目元の皮膚は非常に薄いため保湿力が弱いので、常に乾燥しやすい状態です。

紫外線や屋外・室内の乾燥はもちろん、最近ではパソコンやスマホなどを長時間使用することによって目が疲れ、乾燥を生じさせることがあります。

また、パソコンなどの作業をする人で目薬を頻繁に使うことがあるかもしれません。目薬が肌につくと刺激や乾燥の原因になります。こぼさないように注意することや、あふれた分はそっとふき取るようにしましょう。

目元のくすみを予防する方法

目元,くすみ,ストレッチ,改善,方法

目の周りの皮膚はとても薄くデリケートな部分です。日常生活の中にも、目の周りのくすみの原因がありますので注意して予防することが大切です。タイプ別の予防方法を見ていきましょう。

青黒いくすみを予防する

血行が悪くなることで生じる青黒いくすみ予防には、目の周りの血行を良くすることが大切です。目の周りを優しくマッサージして血行を促すのは効果的です。

また、血行不良の原因となる睡眠不足や運動不足などの生活習慣を見直し、適度な運動や十分な睡眠を心がけましょう。

長時間のパソコン作業など、目を酷使する人も注意が必要です。定期的に休憩すること、ホットアイマスクなどで目の周辺を温めるなどが効果的です。

自宅で簡単にできる目元の温冷パックもおすすめです。

  1. 氷水で冷やしたタオルと、温めたタオル(レンジで1分)を用意します。
  2. 目元部分に温かいタオルと冷たいタオルを1分ずつ交互にのせます。

このように交互に目元を温めたり冷やしたりすることで、血行が良くなる効果があります。

茶色っぽいくすみ予防する

刺激などによる色素沈着によって生じる茶色っぽいくすみを予防するには、刺激を避けることが重要です。

1. 目の周りは優しく

目の周りに触れるときは、できるだけやさしく触れることを心がけましょう。目の周りをこする、ひっぱる、力を入れることはなるべく控えましょう。また紫外線の刺激となりますから、できるだけ日焼けを避ける対策が必要です。

2. アイメイクの正しいクレンジング

濃いアイメイクを落とす時、普通のクレンジング剤で落とそうとするとゴシゴシこすりやすくなります。

また、きちんと落としきれなかったメイクが色素沈着の原因にもなります。ですから、目元専用のメイクアップリムーバーを使うようにしましょう。

手の指でこするのは刺激になりやすいので、コットンに十分な量のリムーバーを含ませ、まぶたの上に置いてメイクとなじませます。アイメイクが浮いてきたら優しくふき取りましょう。

黒っぽいくすみの予防

黒っぽいくすみは加齢によるたるみが原因なので、予防することが難しいものです。それでも、肌に十分な潤いとハリを与えるように心がけることによってある程度防ぐことができるでしょう。

年齢に応じたスキンケアが大切です。化粧水で水分を与え、乳液やクリームの油分で潤いを閉じ込める、といった基本的なお手入れを行って潤い肌をキープしましょう。肌にコラーゲンを補給することも大切です。

日常の注意

1. 目を休ませる

長い時間パソコンやスマートフォンを使用していると、目に負担がかかり目元の筋肉が硬くなって目が疲れてしまいます。目の疲れは血行が滞る原因となり、くすみを引き起こしやすくなります。1時間おきに5分程度、意識的に目を休ませるように心がけましょう。

2. しっかり睡眠をとる

睡眠不足になると、肌に必要な栄養が行き届きにくくなり、血行が悪くなる原因です。夜更かしをせず一日最低でも6時間は睡眠をとるように意識しましょう。

できてしまった目元のくすみをカバーする方法

目の下にできる影クマの原因と隠し方、メイクテクニック

すでにできてしまったくすみを隠すには「コンシーラー」を使用することが効果的です。また、コンシーラーの効果を最大限に発揮するためには順番も大切です。

コンシーラーを使ってくすみを隠すためのメイクの順番

リキッド・クリームファンデーションの場合

  化粧下地 → リキッド(クリーム)ファンデ → コンシーラー → パウダー   

パウダーファンデの場合

  化粧下地 → コンシーラー → パウダー

ワンランクアップ!

たいていの場合、肌色に合わせた色のコンシーラーを使うことで、うまく隠すことができます。

ただ、くすみ具合によっては、コンシーラーがうまくなじまないことがあります。そのような場合は、コンシーラーではなく「コントロールカラー」を使ってみましょう。

青黒いくすみの場合

オレンジ系のコントロールカラーや、ピンク系のコントロールカラーでカバーすることもできます。さらに、パールが入っているアイテムを使用すると、くすみを目立ちにくくすることができます。

茶色っぽいくすみの場合

茶色をイエロー系のコントロールカラーでカバーすることで肌の色に近づけます。

黒っぽいくすみの場合

肌よりワントーン明るいコンシーラーかイエロー系のコントロールカラーでカバーし、仕上げにパール系ハイライトをブラシでのせると効果的です。

また、目から離れた口元にポイントを置いたメイクをすることで、目元から視線を逸らすことができ、くすみを目立ちにくく見せることができます。

目元のくすみに効果的な化粧品の成分と選び方

目元のシミ対策おすすめコスメ!アンプルールの美白トライアル

どのようなタイプのくすみにしても大きな原因は乾燥です。特に薄くてデリケートな目元は乾燥の影響を一番に受けやすいのです。

日頃から保湿をしっかりと行うことが大切です。保湿成分が高い「セラミド」や「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「プラセンタエキス」などが配合されている化粧品を積極的に使用することをおすすめします。

青黒いくすみにはビタミンE

青黒いくすみの原因は血行不良です。「ビタミンE」には血行を促進する作用がありますので、ビタミンEの配合された化粧品がおすすめです。

「オリーブオイル」や「アルガンオイル」、「ホホバオイル」などにはビタミンEが豊富に含まれています。これらのオイルを使用したマッサージがおすすめです。十分なオイルを手に取り、こすらず優しく滑らすようにマッサージしましょう。

茶色っぽいくすみには美白化粧品

茶色っぽいくすみの原因はメラミン色素の沈着です。ですから、メラニンの生成を防ぐ「ビタミンC誘導体」や、肌のターンオーバーを促す「ヒアルロン酸」がおすすめです。さらにはできてしまったくすみに効果がある「ハイドロキノン」が配合された化粧品も美白効果が高いといわれています。

もう一つ「ピーリング」も効果的です。スクラブタイプのような肌をこするピーリングではなく、「グリコール酸」や「フルーツ酸」といった酸で古い角質を取り除くタイプのものは、肌に刺激を与えることなくピーリングができます。

黒っぽいくすみにはコラーゲン

黒っぽいくすみの原因はむくみやたるみです。たるみは加齢によりコラーゲンが減少することによって起こります。ですからコラーゲンを増やすことが大切です。

コラーゲンが配合された化粧品もいいのですが、コラーゲンを作り出すために必要な成分を補うことが必要です。「レチノール」や「ビタミンC誘導体」にはコラーゲンを生成する働きがあるので、これらが配合された化粧品を選ぶようにしましょう。

また、目元にハリとうるおいを与えてくれる目元専用の美容液やクリームを上手に取り入れましょう。

目元のくすみ対策には、お肌の保湿が欠かせません。今回は、目元のくすみが気になる人が積極的に利用したい、3つの保湿成分について、まとめました。

食生活でくすみ対策

目元、くすみ、改善、食事

化粧品によって外側からくすみを予防することも大切ですが、体の内部からくすみにくい状態を作り出すことも大切です。美肌に効果的な栄養素を積極的に取り入れてくすみを予防・改善しましょう。くすみの原因は血行の悪さが大きな要因です。血液の循環を良くしてくれる食品が必要です。

鉄分

血中にある赤血球のヘモグロビンの成分で、酸素を運搬する働きがあります。
(豚レバー、鶏レバー、パセリ、卵、しじみ、赤貝、いわしなどに多く含まれます)

ビタミンE

抗酸化作用があり、血液をサラサラにして、血行を促進します。
(ごま、アーモンド、ナッツ類、大豆、アボカド、サーモンなどに多く含まれます)

ビタミンC

鉄分の吸収をサポートし、メラニンの沈着を抑制します。
(かんきつ類、ブロッコリー、キウイ、パプリカ、小松菜、ゴーヤなどに多く含まれます)

自分のくすみタイプを知って的確な対策を

美白成分

目の周りのくすみはタイプも原因も様々です。一度くすみが生じるとすぐに消すことが難しいですね。

まずは、できてしまったくすみを改善しながら、同時に新しいくすみを作らないようにすることが大切です。生活習慣から食事まで、自分の日ごろの生活習慣を見直してみるのはいかがですか? 心当たりがあるなら少しずつ改め、くすみのない明るい目元を目指していきましょう!

前まで気づかなかったけど、いつの間にか目の周りがくすんでいる? 目元のくすみのせいで疲れ顔になっている、目元がくすんでいると、せっかくのアイ...
目元のくすみって、気になりますよね。くすみを放っておくと、シミやソバカスにつながることもあります。ですので、目元のくすみが気になり始めたラら...
スポンサーリンク
スポンサーリンク