目の下のクマを消したい!種類別原因と対策方法

「疲れてる?」「寝不足なの?」なんて聞かれる人、目の下にクマができているんじゃありませんか?

「きゃー! 今すぐ目の下のクマを消したい!」のは分かりますが、ちょっと待って。あなたのクマはどんな種類のクマですか? 実はクマには3種類あり、それぞれ原因と対策方法が異なるんです。

今回はそんな3種類のクマを、それぞれの原因と対策方法からチェックしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

血流の滞りが原因の青グマ

目の下のクマが気になる、クマの種類別対策

寝不足や疲れ、ストレスなどによる血行不良が原因でクマができるのが「青グマ」です。血行不良自体は身体全体に起こっているのですが、目の下の皮膚が薄いため、青っぽい色がついているように見えます。

このような青クマができた場合、その対策方法は血流の改善です。血流改善に効果的だといわれているレバー、モロヘイヤなど葉酸を含む食べ物や、ホウレンソウ、高野豆腐などの鉄分を多く含む食べ物を積極的に摂取しましょう。

そしてもう一つ、直接の原因である寝不足、疲れ、ストレスなどを解消することも大切ですよ。

エイジングが原因の黒クマ

目の下のクマ、原因と対策

次に、下まぶたがたるみ、目の下の筋肉が緩んだことでその下に凹みができ、影ができてしまうのが「黒クマ」です。

まぶたのたるみや筋肉の緩みの原因は加齢。年齢に抗うことはできませんが、黒クマには抗えます。その対策方法は、加齢とともに生成量の減るコラーゲンの摂取と、表情筋を鍛えること。コラーゲンは手羽先や豚足といった食品のほか、スキンケアアイテムやサプリメントから補えますね。

表情筋は、顔のマッサージやツボ押しなどで効果的に鍛えましょう。

メラニン色素が原因の茶クマ

気になる目の下のクマ、原因別改善方法

最後は、茶クマ。これは色素沈着などが原因となったクマで、原理としてはシミと同様。目元への摩擦や紫外線ダメージによって、メラニン色素が沈着し、茶色っぽく見えてしまいます。

茶クマへの対策方法として最も有益だといわれているのが美白ケアです。肌の美白ケアと同じように、日焼け止めを塗布する紫外線への対策やビタミンCなどの美白成分が入ったスキンケアアイテムでのケアをして、メラニン色素の沈着を予防・改善することが必要なんですね。

ただし、日焼け止めを使用する際は、目元ぎりぎりまで塗り過ぎないよう気を付けてください。目への刺激が気になる人にはサングラスもオススメですよ。

目の下のクマは種類別に対策を

目の下のクマには原因別の対策法を

一口にクマといってもその種類は青、黒、茶の3種類に分かれています。それぞれ原因が異なるので、もちろん対策方法もバラバラ。

まずは自分の目の下のクマが何色のクマなのかをチェックして、そのクマに合った対策を実施してください。

目元のアンチエイジング!目元美容液おすすめランキング5選

スポンサーリンク
スポンサーリンク