こんな目元ケアアイテムが欲しかった!使ってすごい神コスメ4選!

目元のスキンケアって、ホント難しいですよね。下手な方法で行うと、かえって肌老化を進行させてしまうことにもなりかねません!

目の周りのお肌は敏感だから、本当にいい良質なアイテムでケアすることが大切。

使いやすくて、なおかつバッチリ目元ケアができて、しかもお手頃価格な「神コスメ」を集めてみました。どれも私が実際に使ってみて、その効果に納得したものばかりです。

詳しく読んでみる

目の下のクマの取り方、今すぐできる即効性のある緊急措置

気になる目の下のクマ、原因別改善方法 目の下のクマ

「朝起きたら目の下のクマが目立つ!どうしよう~」そんな経験はありませんか? 

睡眠をしっかり取ることや生活習慣を整えることで改善されることは分かっていても、とりあえずメイク前にできてしまったこのクマを“今”何とかしたいものですよね。

今回は、朝の忙しい時間でも、できてしまった目の下のクマを改善できる即効性のある改善法をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

目の下のクマの種類

気になる目の下のクマ、原因別改善方法

朝起きた時に目立つクマはほとんどの場合血行不良が原因の“青クマ”か、むくみなどで目の下の影が目立つ“黒クマ”です。

これらのクマは血行不良の解消やむくみ解消によってある程度短時間で解消することが見込めます。ただ、色素沈着が原因の“茶クマ”はマッサージなどでは改善できず、かえって悪化させる可能性がありますのでアプローチが異なります。

青クマの場合

目の下のクマ、原因と対策

寝不足の朝などにくっきり表れる目の下のクマは“青クマ”。

なぜ青く見えるのかというと、血行不良によって血液中の酸素が減少すると本来は鮮やかな赤色を形成するヘモグロビンが赤黒くになってしまうから。

目の下の皮膚は非常に薄いため赤黒くなった毛細血管が透けて青っぽく見えるのです。つまり目元の血行改善がクマ解消の近道だというわけです。

ホットタオルで目元を温める

手軽に目元を温めるには絞ったタオルを温めてホットタオルにする方法です。

  1. 水で濡らしてしっかり絞ったタオルを用意します
  2. 500Wの電子レンジで約1分加熱します (電子レンジによって時間は異なりますから調整してくださいね)
  3. 広げて温度を調整したタオルを目の上に乗せて数分おき目元を温めましょう

これだけでも血行が良くなるのですが、氷水で冷やしてから絞ったもう一枚のおしぼりタオルなどを乗せ、温めては冷やすことを数回繰り返すといっそう効果が見込めます。

目元のツボ押しで血行改善

目の周囲の血行促進につながるツボを押してみましょう。メイク前のスキンケアの際に行うと効果的です。グイグイとチカラを入れるのではなく気持ちいいと感じる程度に押すようにします。

晴明(せいめい)

鼻の根元と目頭の間にある少しくぼんだ箇所にあるツボで、目が疲れた時などに無意識に押したことがあるかもしれません。両手の人差し指か中指で左右同時にゆっくり5秒ほど押します。これを3回繰り返しましょう。

承泣(しょうきゅう)

下まぶたの黒目の下の骨辺りにある小さなくぼんだ所のツボです。目を閉じて人差し指の腹でゆっくり下に向かって5秒ほど押します。(眼球を決して押さないように注意!)

太陽(たいよう)

血行の改善を促進するツボで左右の目尻の少し外側、眉尻と目尻の真ん中から指2本分ほど外側にあります。側頭部の血行を促進して青クマの解消につながります。左右の中指の腹でツボを5秒ほど押して指を離し3~5回繰り返しましょう。

「睛明(せいめい)」→「承泣(しょうきゅう)」→「太陽」の順番に押していくと効果的です。

黒クマの場合

目の下のクマを集中ケアするアイキララ

黒クマは、加齢などによる皮膚のたるみが原因でできた影が黒っぽく映ってクマになったものです。

皮膚のたるみ自体は即効で解消できないかもしれませんが、顔がむくむことによって影がいっそう目立っている場合にはマッサージによって改善させることができます。

むくみ解消マッサージ

  1. 洗顔後のスキンケアの際に目の周囲にアイクリームや美容液などをしっかり塗って滑りを良くしておきます
  2. 薬指の腹を目尻に当て下まぶたの目頭に向けて指を滑らせます。その後目頭から上まぶたの目尻に向けて一周させます
  3. こうして「目尻→下まぶた→目頭→上まぶた→目尻」と3周やさしく指を滑らせます
  4. 最後にこめかみに向けて老廃物を流すイメージで指を滑らせていきます

マッサージする際には、とにかく力を入れ過ぎないこと! 目の周囲は非常にデリケートなので指の滑りが悪いと肌に摩擦を与えることになり“茶クマ”の原因になります。

茶クマの場合

目の下にできる影クマの原因と隠し方、メイクテクニック

茶クマは色素が沈着してできたクマなので、基本的には今ケアしてすぐに解消できるものではありません。

沈着してしまったメラニン色素を速やかに排出できるように美白化粧品を使った長期的な改善が必要なので、コンシーラーなどでクマを隠しながらスキンケアを続けるのが一般的です。ただ、茶クマが目立つ原因のひとつに“目元の乾燥”が考えられます。

コンシーラーを使っても乾燥による小じわでよれたり目立ったりする場合にはコットンパックで目元にうるおいを与えましょう。

目元うるおいコットンパック

  • 洗顔後いつも通りのスキンケアした後、保湿化粧水をたっぷりしみ込ませたコットンを目の上に乗せます
  • そのまま5分ほどおきましょう。(それ以上置くと肌に水分がコットンに吸収されて乾燥していきます!)
  • 最後に乳液やクリームを塗ってうるおいを逃さないようにします

こうして目元を保湿することによって後から使用するコンシーラーやコントロールカラーの効果がアップします。

即効性のある処置でメイク前のクマ対策を!

目の下にできる影クマの原因と隠し方、メイクテクニック

いかがでしたか? 今回は朝の忙しいメイク前にできてしまったクマを改善する即効性のある改善法をご紹介しました。

目の下のクマは必ずしも寝不足や眼精疲労からくるものとは限りません。クマの種類によって対処法も違いますから自分のクマに合わせた処置を施しましょう。寝不足や眼精疲労などからくる“青クマ”は比較的すぐに解消しやすいのですが、黒クマや茶クマは解消するのに時間がかかるものです。

マッサージやコットンパックでクマを薄くしてからコンシーラーやコントロールカラーを活用すると明るい目元を演出することができますよ!

アイキララの口コミ、実際に使ってみた効果をレビュー!最安値と効果的な使い方、解約方法のまとめ

目元美容液比較ランキング
口コミで効果があると人気のアイテムを紹介! 目元ケアにおすすめなアイテムをピックアップしました。美容液やクリームなど、これで目元のエイジングケア♪
目の下のクマ
スポンサーリンク
美容マニアをフォローする
目元のエイジングケアで見た目年齢ー10歳!