目の下のクマを治すためのマッサージ方法

目の下のクマは不健康で老け込んだ印象を与えるものです。その人の印象は第一印象で決まることが多いので、人と接する機会があるなら目の下のクマをできるだけ早く解消したいものです。

もちろんメイクによってある程度ごまかすこともできますが、セルフケアで改善できるならそれが一番ですよね! 

そこで今回は目の下のクマを治すために自分でできるマッサージ方法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目の下のクマにマッサージは効果あり?

目元,くすみ,ストレッチ,改善,方法

目の下のクマは大きく分けて3種類あり、それぞれ原因が異なります。

青クマ→血行不良

冷えやストレス、睡眠不足が続くと血液の流れが悪くなってヘモグロビンの量が減ります。目の下の皮膚は非常に薄いだけでなく毛細血管がたくさん通っているために血流が滞っている状態が透けて青っぽくなります。

茶クマ→色素沈着

摩擦や紫外線などの刺激でメラニンが増加することによって起きる色素沈着が原因です。蓄積されたメラニン色素が残ることによって茶色っぽいクマになります。

黒クマ→加齢によるたるみ

加齢により目の下の筋肉が衰えてハリが失われ皮膚がたるんできます。これらのたるみに影ができて黒っぽいクマになります。顔がむくむと影ができていっそうクマが目立ちます。

血行不良による「青クマ」やたるみが原因で生じる「黒クマ」には、血行改善や目元のたるみ予防のためにマッサージを行うことは非常におすすめです。

ただ、メラニン色素沈着が原因の「茶クマ」は美白対策のほうが効果的です。マッサージをして刺激を与えるといっそう色素沈着の原因になる可能性があるので避けるようにしましょう。

目の下のクマに効くマッサージの方法

目元ケアで見た目年齢は若返る!エイジングケアのヒント

目の下の皮膚は非常に薄くてデリケート。マッサージの際にはくれぐれも力を入れ過ぎないように注意しましょう。特に眼球を強く押すことは絶対にNG!皮膚への摩擦を避けるため美容オイルやアイクリームなどを使用するといいですよ。

青クマ対策→血行改善マッサージ

睡眠不足や冷えなどが原因で青クマができている時は血行改善マッサージを行いましょう。

  1. 両手の人差し指・中指・薬指の腹を額の真ん中に当て、こめかみに向けて優しくさする
  2. 次に両方の目尻側から下まぶたの骨のあたりを目頭のほうに向けて滑らせる
  3. 次は上まぶたを目頭側から目尻の方向へゆっくりと指を滑らせて目の周りをぐるりと1周させる
  4. 3~5回繰り返したら、最後の目尻からこめかみに向けてリンパを流しましょう

血行改善のツボ押し

目の周囲の血行を改善するツボのひとつは下まぶた黒目の下、親指1本分のところに「四白」というツボがあります。

両方の中指の腹で左右の「四白」のツボを上から垂直に押して5秒キープしてゆっくりと離します。3~5回繰り返し行いましょう。

もうひとつ目元の血行改善のツボに「太陽」と呼ばれるツボ、目尻と眉尻を線で結んだ目尻側のくぼんだ所にあるツボも効果的です。この「太陽」のツボを両方の中指の腹で5秒押してゆっくり離す、を3~5回繰り返しましょう。

黒クマ対策→むくみ改善

加齢による原因には改善に限度がありますが、むくみによって影がいっそう目立つようになるためむくみ解消するだけでも目元の印象が変わってきます。そのためにはリンパマッサージが効果的です。

目の周辺のリンパマッサージ

  1. 最初に、人差し指と中指の腹を左右のこめかみに添え、こめかみから鎖骨に向けてゆっくり下になでおろします。
  2. 次に、中指の腹を眉頭に添え、眉に沿って眉尻に向けて滑らせます。そこから目尻に指を移し、今度は目頭に向けて目の下を優しく滑らせます。
  3. 再び目頭から目尻に向けて目の下をさすりそのままこめかみまで指を滑らして、最後にこめかみから鎖骨に向けてゆっくり下になでおろします。
  4. これを3回繰り返します。

目元の筋肉を鍛える

加齢などによって衰えやすい「眼輪筋(がんりんきん)」という筋肉は、目の下のたるみの原因になり黒い影になって黒クマが目立つようになります。意識して「眼輪筋」を鍛えてたるみを予防しましょう。やり方は簡単です。

  1. 両目を軽く閉じた状態から、ゆっくりと力を入れてギュッとチカラを入れて閉じ5秒キープします
  2. 今度はゆっくり目を開けていき、眉を上げて目を大きく見開き5秒キープしましょう
  3. それぞれ5回繰り返します

目の下のクマを治すマッサージのタイミング

目の下のクマをとるマッサージ方法とタイミング

目の下のクマを治すマッサージは気になった時に行うというよりも、毎日繰り返すことで予防にもなりいっそう効果が表れます。習慣的に行えるタイミングがベスト。やはり、お風呂に入った湯船の中やお風呂上がりのカラダが温まって血行が良くなっているタイミングで行うのが理想です。

また、寝る前の時間を活用するとリラックス効果も兼ねてゆっくりお手入れできるかもしれません。入浴後しばらく時間が経過しているならマッサージをする前に蒸しタオルを利用して目元の血行を良くしておくと効果が高まります。

蒸しタオルで目元を温める

  1. 水に濡らして絞ったタオルを用意し、電子レンジで30~60秒温めます
  2. タオルを広げてちょうど良い温度になったら、目の上に乗せ10分ほど目元をじっくり温めましょう

タイプに合わせたケアでクマ解消

20代から始めたい目元のシワ対策

いかがでしたか? 今回は目の下のクマを治すために自分でできるマッサージ方法をご紹介しました。

マッサージで解消できるクマは2種類、血行不良が原因の青クマと、筋力低下やたるみが原因の黒クマです。色素沈着が原因の茶クマはマッサージの摩擦によって余計に悪化する可能性があるので、美白化粧品などで対策しましょう。

クマができてしまってから慌てて応急処置を施すよりも、日頃からクマを作らないように予防することが大切です。

今日ご紹介したマッサージやツボ押しは、クマ解消だけでなく予防効果もあります。お風呂上りや寝る前の習慣に取り入れてクマのない若々しい印象をキープしたいですね!

アイキララの口コミ、実際に使ってみた効果をレビュー!最安値と効果的な使い方、解約方法のまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク