こんな目元ケアアイテムが欲しかった!使ってすごい神コスメ4選!

目元のスキンケアって、ホント難しいですよね。下手な方法で行うと、かえって肌老化を進行させてしまうことにもなりかねません!

目の周りのお肌は敏感だから、本当にいい良質なアイテムでケアすることが大切。

使いやすくて、なおかつバッチリ目元ケアができて、しかもお手頃価格な「神コスメ」を集めてみました。どれも私が実際に使ってみて、その効果に納得したものばかりです。

詳しく読んでみる

目の下のクマの取り方-生活習慣編

ストレス解消 目の下のクマ

たまに寝不足が続いて朝起きたらクマができちゃった! という経験は誰にでもあるかもしれません。でも、いつの間にかクマがあるのが通常化していませんか? 

目の下のクマを改善しないまま放置するといっそう悪化するばかりか改善するのが難しくなります。

目の下のクマは“体の不調のサイン”ですからメイクで隠すだけでなく、根本的な改善を心がけたいものです。今回は、目の下のクマを改善するためにできる生活習慣をご紹介します。

スポンサーリンク

目の下のクマを改善する生活習慣とは?

目の下のクマが気になる、クマの種類別対策

正しい生活習慣によって解消しやすいクマは血行不良や眼精疲労が主な原因で生じる青クマです。

ただ、茶クマや黒クマに悩まされている人でも、血行不良が重なって青クマも同時に合わさった“混合クマ”である可能性があります。

自分は色素沈着が原因だから関係ない・・・とか、皮膚のたるみは歳だから仕方ない・・・、と諦めず生活習慣の改善を行いましょう。

質の高い睡眠

睡眠

寝不足が続くと目の下にクマができることからわかるように、生活習慣の中でも“睡眠時間の確保”はクマ改善に欠かせません。

とはいっても長時間寝るだけで質がいい睡眠を得られるわけではありません。長い時間寝ることよりも眠り始めの3時間に深い眠りにつくことが重要だといわれています。そのためには寝る直前の食事を避けること、就寝前にはテレビやパソコン、スマホなど光の刺激を避けることが大切です。

また寝室や枕など睡眠環境を心地よい状態にするだけでも睡眠の質が上がります。

目を休める

目の疲れが老化の原因に?眼疲労を予防する方法

オフィスでの仕事などで一日中パソコンを使用したりプライベートでもスマホを使用したりすることは、目に良くないと分かっていても簡単にやめるわけにはいかないものです。

それでもパソコンやスマホを操作する作業は首や肩のコリによって血行不良の原因になるだけでなく、ブルーライトが目の筋肉を疲労させて目の下のクマの原因になるといわれています。

パソコンやスマホを利用している人は、1時間に1回は遠くを眺めたり少し目を閉じて休んだりして長時間連続して画面を見続けないように気をつけましょう。お昼休みや休憩時間に市販のホットアイマスクで目を温めるのも効果的です。

適度な運動

運動、ヨガ

目の下のクマとあまり関係がないように思うかもしれませんが、運動不足はカラダ全体の血流を悪くしてクマができやすくなります。しっかり睡眠を取ってもなかなかクマが改善しない人は運動が不足しているのかもしれません。

ここで言う“運動”とは激しいトレーニングやランニングではありません。1日20~30分ほどの軽い運動で十分です。

ウォーキングや軽いジョギング、サイクリングなどの有酸素運動を定期的に行ってみましょう。目元のクマと関係ないように思うかもしれませんが、適度な運動によって全身の血の巡りが改善され目の下のクマ解消につながりますよ。

ストレス解消

ストレス解消

ストレスは血行不良と大きな関わりがあります。ストレスがかかると自律神経が乱れ体内の血の巡りが悪くなります。こうして知らないうちに血行不良になるために目の下のクマが目立ちやすくなるのです。

現代社会ではストレスのない生活は難しいですが、自分なりのストレス解消法を見つけて気分転換を心がけることが大切。好きな入浴剤を入れてゆっくり入浴する・好きな音楽を聴く・映画を見る・ショッピングをするのもいいかもしれません。

また仕事の合間でも可能ならホッと一息つく時間を取れるといいですね。

紫外線対策

目元のエイジングケアの基本‐紫外線対策、洗顔、保湿

メラニン色素が沈着してできる“茶クマ”や目の下のたるみが“影”になってできる“黒クマ”は、紫外線による刺激の積み重ねによって目立ちやすくなります。

洗濯物を干す時や近所への買い物など「これくらい大丈夫・・・」と油断してUV対策を怠っていませんか? 

たとえ短時間でも皮膚が薄くてデリケートな目元には大きなダメージになります。夏場だけでなく一年中紫外線対策することを忘れないように気をつけましょう。日傘やサングラスも効果的ですよ。

生活習慣を改善して目の下のクマを解消

目の下のクマとヒアルロン酸

いかがでしたか? 今回は目の下のクマを改善するためにできる生活習慣をご紹介しました。

たまに目立つクマならコンシーラーなどのメイクでカバーできるかもしれませんが、「たかがクマ」だと放っておくと酷くなって解消することが難しくなります。目の下のクマは自律神経の乱れや血行不良など“不調のサイン”。

クマが気になり始めたら一度自分の生活習慣を見直してみましょう。

知らない間に睡眠の質が下がっていたりストレスが溜まっていたりするかもしれません。

また、ダラダラとスマホやパソコンを長時間見続けることも目を疲れさせる原因です。仕事上必要な場合でも定期的に目を休めるようにしましょう。こうして正しい生活習慣を心がけて目の下のクマを根本的に解消したいですね!

アイキララの口コミ、実際に使ってみた効果をレビュー!最安値と効果的な使い方、解約方法のまとめ
もう隠さない! 目の下のクマを集中ケアするアイキララ

目元美容液比較ランキング
口コミで効果があると人気のアイテムを紹介! 目元ケアにおすすめなアイテムをピックアップしました。美容液やクリームなど、これで目元のエイジングケア♪
目の下のクマ
スポンサーリンク
美容マニアをフォローする
目元のエイジングケアで見た目年齢ー10歳!