アイメイク専用クレンジングの選び方と使い方

バッチリアイメイクを落とすのに、皆さんはどんなアイテムを使っていますか? 顔用のメイク落としでファンデーションや口紅と一緒に一気に落としている? それは、あまりおすすめできません。

アイメイクをしている目元は、顔の中でも特に皮膚が薄く、とってもデリケートなんです。それにゴシゴシこすると、肌トラブルを招いたり、色素沈着を起こしてシミの原因になることがあります。

アイメイクは専用のクレンジングで落とすのが一番! というわけで今回はアイメイク専用クレンジングの選び方と使い方を紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アイメイク用クレンジングの種類と特徴

アイメイク用クレンジングの選び方、種類と特徴

オイル

アイメイク専用クレンジングの定番は、オイルタイプです。ウォータープルーフのコスメを使用している方や濃いめのアイメイクをしている方にピッタリ、洗浄力の強さがポイントです。

リキッド

オイルのベタつきが苦手という方にはリキッドタイプを使ってみましょう。落としづらいアイメイクもしっかり落としつつ、さっぱりした洗い上がりになります。

ジェル・クリーム

肌に優しいしっとりしたテクスチャーが特徴のジェル・クリームタイプ。マッサージするような感じでアイメイクを落とすことができます。乾燥肌の方にはこちらがベター。

シート

時間がなくて、水もない! そんな時にピッタリなのがクレンジングシートです。洗浄成分がしみ込んだシートを使って、手軽にアイメイクを落とすことができます。

アイメイク専用クレンジングの使い方

アイメイク用クレンジングの使い方

オイル、リキッドタイプのクレンジング

まずはオイル、リキッドタイプの使い方をご紹介します。

クレンジングをコットンにのせ、優しく目元のメイクを拭き取りましょう。しっかり塗ったマスカラはコットンをまつ毛の下にあて、クレンジングをつけた綿棒でなでるように落とすとよいです。コットンでゴシゴシとこするのは控えてください。

ジェル、クリームタイプのクレンジング

ジェル・クリームタイプはコットンを使用するか、そのまま手のひらに取り、指のハラでやさしくクルクルと円を描くようにメイクになじませていきましょう。

シートタイプのクレンジング

シートタイプの場合、ついこすりたくなりますが、ゴシゴシはNGです。シートを目の上にのせ、軽く押さえて数秒。さっとアイメイクを拭き取りましょう。

どのクレンジングも使用後は必ず洗顔、スキンケアを行ってくださいね。

目元に負担がかからないようにやさしくオフ

アイメイク用クレンジングの使い方のコツ

アイメイクを落とすために作られた専用のクレンジングにはさまざまな種類がありますので、肌質や使いやすさなどでお好みの一種を選ぶことができますね。どのクレンジングを使う際も、目元に負担をかけないやさしい落とし方を意識してください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク